DAY2

タイムテーブル

Day.2 技術専門家と考える1F廃炉

「地元共生と廃炉プロジェクト」
※予定です。タイムスケジュールは変更となる場合があります。
午前のセッション

10:30~11:03

オープニング

開会挨拶・趣旨説明(NDF 山名 元)
来賓挨拶(いわき市長 清水敏男)
オープニング 1Fの現状報告、1F廃炉への取り組み(TEPCO小野 明)

11:03~12:35

地元との共生とは?

英国
Sellafieldの廃炉企業連合BECBC(Britain’s Energy Coast Business Cluster)及びマッチングメカニズム Game Changersについて報告 ( アイヴァン・ボールドウィン)
米国
SRNS(Savanna River Nuclear Solutions)での人材育成・教育訓練について報告(ケヴィン W. ウィット)
日本
JR西日本 地方過疎化の下での顧客創出のための地域共生への取り組みについて報告 (石川 裕章)
日本
株式会社エイブル 福島第一廃炉の1/2号機排気塔解体プロジェクト (中馬 真理子)

12:35~14:35

昼休憩/技術ポスターセッション

午後のセッション

14:35~16:25

廃炉プロジェクト

英国
Sellafieldの廃棄物貯蔵施設 PFCS(Pile Fuel Cladding Silo)の解体についての報告(デリック カーライル)PFCS解体に関わる許認可経験、住民との接点について報告(ミナ・ゴルシャン)
米国
HanfordサイトのK-Basinという燃料プールからのスラッジ回収について報告(モニカ C. レガルブート)
仏国
マルクール 原子力複合施設UP1の廃止措置の取り組みについて報告(クリスティーヌ・ジョルジュ)

16:25~16:30

会場準備/小休憩

16:30~17:25

パネルディスカッション
「地元と一体となった廃炉プロジェクト推進」

司会
NDF
パネル
フランス CEA ヴァンサン・ゴルグ、英国 ONR ミナ・ゴルシャン、米国 DOE ジェフ・グリフィン
株式会社エイブル佐藤 順英、TEPCO 高原 一嘉(氏名 アルファベット順)

閉会挨拶(マイク・ウエイトマン)

17:30

終了予定

午前のセッション(大ホール定員500名)

10:30~11:03

午前のセッション

開会挨拶・趣旨説明(NDF 山名 元)
来賓挨拶(いわき市長 清水敏男)
オープニング 1Fの現状報告、1F廃炉への取り組み(TEPCO小野 明)

11:03~12:35

地元との共生とは?

英国
Sellafieldの廃炉企業連合BECBC(Britain’s Energy Coast Business Cluster)及びマッチングメカニズム Game Changersについて報告 ( アイヴァン・ボールドウィン)
米国
SRNS(Savanna River Nuclear Solutions)での人材育成・教育訓練について報告(ケヴィン W. ウィット)
日本
JR西日本 地方過疎化の下での顧客創出のための地域共生への取り組みについて報告(石川 裕章)
日本
株式会社エイブル 福島第一廃炉の1/2号機排気塔解体プロジェクト(中馬 真理子)

12:35~14:35

昼休憩/技術ポスターセッション

午後のセッション

14:35~16:25

廃炉プロジェクト

英国
Sellafieldの廃棄物貯蔵施設 PFCS(Pile Fuel Cladding Silo)の解体についての報告(デリック カーライル)PFCS解体に関わる許認可経験、住民との接点について報告(ミナ・ゴルシャン)
米国
HanfordサイトのK-Basinという燃料プールからのスラッジ回収について報告(モニカ C. レガルブート)
仏国
マルクール 原子力複合施設UP1の廃止措置の取り組みについて報告(クリスティーヌ・ジョルジュ)

16:25~16:30

会場準備/小休憩

16:30~17:25

パネルディスカッション
「地元と一体となった廃炉プロジェクト推進」

司会
NDF
パネル
フランス CEA ヴィンセント・ゴルグ、英国 ONR ミナ・ゴルシャン、米国 DOE ジェフ ・リフィン、株式会社エイブル佐藤 順英、TEPCO 高原 一嘉(氏名 アルファベット順)

閉会挨拶 マイク ウエイトマン

17:30

終了予定


地図

いわき芸術交流館アリオス
〒970-8026 福島県いわき市平字三崎1番地の6

いわき芸術交流館アリオスの周辺駐車場(リンク)

申し込みフォーム